1年中快適に住むにはエアパス工法で家を建てるべき

ロハスな住宅建築工法

自然の力を利用したエアパス工法は、温められると上昇するという空気の特性を活かして、建物の内部に空気の循環を作り出して温度を一定に保つ事が出来ます。環境に負荷が少なく、電気代の節約にもなります。また建物を湿気から守り、耐久性を上げるメリットもあります。

住宅造りに最適な工法

模型

エアパス工法は3つの工法を併せ持った手法で、日本の風土に適しているといわれます。この工法は家全体を季節に関わらず一定に保つ工法で、機械に頼らず自然の陽や風と共存しながら快適な住まい環境を整えていく手法です。伝統的な日本の家は冬の低い日差しを室内に取り入れ、逆に夏は高い日差しを遮るよう工夫されていましたが、エアパス工法はこの仕組みを取り入れています。このエアパス工法は壁の内部に通気層と内壁空洞の2つの空気層を設け、自然の力で壁全体の空気を循環させます。これにより床や壁、天井などの表面温度を一定に保ちます。冬場は少ない暖房でもよく温まります。夏場は壁内の熱気と湿気を輩出し、室内の温度上昇を抑制しますので、涼しく快適に過ごす事が可能です。エアパス工法以外には、断熱の壁などで家を囲む外断熱工法や壁体内に通気層と内壁空洞を設け空気に一定の流れを作る壁体内通気工法が挙げられます。また、太陽熱や風などの自然エネルギーを機械や設備なしで取り入れるパッシブソーラーハウスというものもあります。これをすべて取り入れた工法がエアパス工法ですが、これら以外にも日本の住宅の最大の敵である湿気も防ぎます。それにより木材の劣化を防ぐ事になり、建物の長寿化に非常に効果があります。またこのエアパス工法は機械の利用を最小限にする事がポイントの1つですから、冷房や暖房の使用などによるCo2削減効果も期待出来る事から、環境や自然に優しい住宅という事が出来ます。

快適な住環境を実現する

エアパス工法は内壁と外壁側から断熱材までの間に2つの空洞を保つ構造になっており、この空洞内に夏場は換気口を開けて外気を取り込み冬場は閉めて遮断します。空洞内を空気が流れることによって夏場は家の温度を下げ、冬場は住居内を冷やさないようにしてくれます。

通気口で室温を調節

エアパス工法の住宅では、夏には床下の通気口から涼しい風が、冬には屋根の通気口から暖かい風が入ってきます。そのため快適に過ごしやすく、ヒートショップなども防止しやすいため需要があります。建築における坪単価は50〜60万円と高めですが、省エネ生活となることで金銭面での負担は軽減されます。