1年中快適に住むにはエアパス工法で家を建てるべき

快適な住環境を実現する

住宅

最近話題を集めている住居の建築方法に、エアパス工法があります。エアパス工法で立てられた家は夏は清涼で、冬は温暖なため1年を徹して快適な居住空間をもたらしてくれます。このことは、冷暖房設備の利用減らすのと同時に、機器の出力をおさえられるので省エネルギーにも役立つものです。エアパス工法では床下と小屋根に換気口が設けられています。この換気口から取り入れた空気が外壁と断熱材、内壁と断熱材の間に2つある通り道を流れるという仕組みがエアパス工法の特徴です。夏場は、換気口を開き空気を室内へと取り入れます。室内へ取り入れた空気は、壁の内部にある空洞部分を上昇していきます。このときに温度の高くなっている空気が小屋根にある換気口から排出されるのです。くわえて夜間に壁の空洞内に取り込まれていた空気も、上昇気流に乗り流れていきます。この空気の流れは湿気も同時に排出してくれるので、住居の温度を下げしかもジメジメとした感じも取り去り、より涼しさを感じさせてくれます。逆に換気口を閉じてしまうのが冬場の使い方です。密閉された壁の内部の空洞にある空気は日中の太陽光によって暖められ、暖められた空気は上昇気流で上へと向かいます。このときに冷えている空気は反対に住居の下側へ向かうので、空洞内で空気の循環が生まれ空洞内全体が暖まっていきます。さらに、夜間でも空洞内の暖まった空気があるために、住居は温暖さを維持できるというわけです。空気の流れは湿気を一箇所にこもらせないので結露の発生を防いでくれるという効能もあります。