1年中快適に住むにはエアパス工法で家を建てるべき

ロハスな住宅建築工法

男女

空気の流れを利用する

自然の風や太陽光などをうまく利用し、エアコンに頼らずに自然の力で一年を通して快適な暮らしを追求した住宅工法が、エアパス工法です。通常住宅の外壁と内壁との間は断熱材が充てんされますが、エアパス工法では断熱材と外壁、内壁との間にわざと空間を作ります。断熱材を挟んで内と外二つの隙間は床下から屋根まで続き、空気の通り道となります。この二つの通気層は特殊な構造で繋がっており、夏と冬とで空気の流れをコントロールすることが出来ます。空気は温められると膨張して軽くなり、上昇気流を生みます。エアパス工法は主にこの働きを活用して空気の流れを作ります。夏場は強烈な太陽光によって建物外壁の温度が上がり、通気層内部の空気が上昇して屋根に設けられた排気口から熱気を逃がします。さらに上昇気流によって床下の涼しい空気が引き上げられ、通気層を通ることで室内の温度上昇を抑えてくれます。一方冬場は夏に活躍した換気口を閉じる事によって、逆に室内を温めることが出来ます。つまり太陽光によって温められた通気層の空気が上昇して屋根までくると、換気口がふさがっていることによって逃げ場を無くし、内側の通気層に下降気流となって下りてきます。家全体を暖かな空気が循環して、建物を温めてくれます。換気口の開け閉めも手動で行うなど環境に負荷の少ないエコロジーなシステムであり、電気代の節約につながるメリットもあります。また壁の内部に湿気がこもると見えないところで腐食が進み、シロアリなどの被害が出る原因ともなります。建物全体の換気を行うエアパス工法は、建物の構造を守る意味でも大きなメリットとなります。